『なぜ君は総理大臣になれないのか』監督の大島新が次に注目するのは

2020年に公開された『なぜ君は総理大臣になれないのか』は、ドキュメンタリー映画としては異例の観客動員 35,000人を超え、キネマ旬報ベスト・テンの文化映画作品賞(第1位)を受賞した。
公開以降、監督の大島新のもとには、多岐にわたる人物への取材を求める声が寄せられた。そうした声を受け、政治・メディア・表現・学問などの世界で、大島自身が「気になる人」「今じっくり話を聞いてみたい人」を招き、トークライブを行う企画をスタートする。

対談場所は、『なぜ君』のメイン劇場であったポレポレ東中野に併設するカフェ「ポレポレ坐」。
観客は限定30名とし、2時間超の生トークを有料配信する(アーカイブ有り)。

混迷する現代の日本社会には、様々な価値観が混在し、SNS 上では短く強烈な(だが短慮な)言葉や映像が氾濫している。このトークは、あえてその逆を行く。
熟成された思考、考え抜かれた言葉、本質を探る問い...
決してなれ合いではなく、ゲストと大島の真剣勝負によって、観る人を新たな思索の旅にいざなう。
この実験が、社会を豊かな方向に変える萌芽となることを願う。

マイクロフォン

なぜ君は
○○○
なのか?